日比野クリニック

治療方法

減量

一部の患者さんには減量が有効な治療です。
減量することにより無呼吸が減少したり無くなる方もいます。


アルコールの制限

アルコールは気道の筋力を低下させるために就寝前の飲酒はやめましょう。


睡眠中の体位の工夫

仰向け寝は舌根沈下を招くために無呼吸を悪化させます。なるべく横向きに寝るように工夫をしましょう。


CPAP療法

世界中でもっともポピュラーな治療方法です。治療の第一選択となります。 鼻マスクを装着して、鼻から狭くなっているのどにある一定の空気圧を送り込み気道の閉塞を解除する方法です。もちろん睡眠中のみに使用します。一晩で劇的に改善する方もいます。


耳鼻咽喉科手術

腫大した扁桃腺や軟口蓋(咽喉の奥の肉ひだ)を手術て切り取ります。手術は明らかな耳鼻咽喉科的異常がある患者さんに対して行います。しかし長期効果は半数程度にしか認められないとされています。


歯科的療法

下顎が上顎より少し前方に固定されるようなマウスピースを作り、気道が狭くなるのを防ぎます。
軽度の無呼吸には効果的といわれています。簡便で副作用も少ない良い方法で、平成16年4月より保険の適応となりました。